ドア、窓の専門店の窓工房ナカサ ナカヒデト。ナカサの公式サイトです。

クールでダンディー、ちょっぴりお茶目なジェントルマン、窓工房ナカサの店長、ひでくんです。
あ、すみません、、、ウソをついてしまいました、、、

バレないウソはウソでない、目指せ完全犯罪! 窓工房ナカサの店長、ひでくんです。
ぅわ、、、正直になり過ぎました、、、嫌わないでください。

ひでくんのイソフォヌーションでは、各商品設置のいどばた情報に区分できなかったボツネタを中心に、素材の味を活かしつつ、醤油ぶっかけてソースぶっかけマヨネーズ塗りたくって塩揉みして酢に漬け込んで・・・
ま、ブログみたいなもんですかね!

ひでくんのイソフォヌーション

episode149

苦手

鼻歌
苦手やわぁ~、、、苦手っていうか、なんて表現したらいいのか、、、
人前で突然鼻歌を歌いだしたり口笛を吹いたり、挙句の果てに踊り出したりする人。
鬱陶しいようなイライラするような、、、
何を浮かれとんのじゃ って思うんですよ。
何なんでしょね、あれって?  異文化、ですか?

 

次の記事へ

episode148

ナカサほっとラインサービス

ほっとラインサービス

「またか」
そう思ったあなたは・・・
かなりのナカサ通ですな。
ま、それはさて置き、当店のショッピングモールでも公式サイト同様の付加サービスをやってみようかちら、、、 電話対応してみようかちら、、、 と思ったので、公式サイトのカート内の文言をベースにアピールページを作成しました。
その文面をイソフォヌーションにも掲載しますね。

文字の大小・色・行間など、ここではノーマルのっぺりテキストですが、内容は同じです。
なお、この内容は先行し公式サイトでも実施中のサービスとなりますので、今までに同じくドンドンご利用下さい。




  ~~~~  ここからです  ~~~~

目の前に店員さんがいたら、ちょっと聞きたい そんなあなたへ
注文前のモヤモヤを解消する『ナカサほっとライン』をご利用下さい。

   注文の仕方が分からない
   種類が多くて迷ってる
   組合せが合ってるか不安
   店員と話したい

そんな時、お電話ください
当店はテレフォンショッピングです。
スタッフがお客様の意向を聞き取り、最適商品をご提案致します。

『ほっとライン』は、注文前の疑問や不安を払拭するのがテーマです。
ネットショップで注文するという概念は捨てて、実店舗に出向いて買い物する気分で店員を電話で呼んで下さい。

とは言うものの、見えない店員に質問するのは躊躇するかもしれません。
  関西弁でまくし立てられたらどうしよう、、、
  専門用語や知ってる前提で話されても困る
  職人気質の人や技術系の人が電話に出たらイヤ
もしかすると、そんなイメージで電話相談をためらってしまう方もおられるかも。

だとしたら・・・そこはご安心ください。
電話対応のスタッフは全員女性です。子育て中のママが大半です。
職歴はすべて異業、知識ゼロからのスタートで、当店の取扱商品にだけ特化し修練。
自分達が理解してきた過程を思い出し応対できるので、お客さんに近い目線でご回答しています。
おっさんも常駐してますが、職人気質の知ってる前提レクチャー式、高圧的関西弁でまくし立てる派なので、事務所の隅でひっそりと別の事をしており電話に出ることはございませんのでご安心を!


わからないこと・不安なことは人それぞれです。
専門家でもない限り何かしら確認したいポイントがあるものです。
【公式いどばた情報】や【ナカサ虎の巻】その他【イソフォヌーション】で解決することもありますが、検索して見つけて読んで・・・これをを繰り返すより、サクッと気軽に当店に電話で聞いて下さい。スピード解決です!
そしてその電話で・・・
まだあなたが気付いてない・見落としていた重要な何かをスタッフが電話で話し出すかもしれませんよ。

 

次の記事へ

episode147

村八分

村人達
時には不特定多数から、時にはパーソナルに、『必要とされる』って大事なことですよね。
これは凄いことですよね。必要とする側もされる側も双方が有難いですよね。
だって無くては成らぬ人な訳ですから大切です。
自身がそうでありたいし、そういう仲間を持ちたいですよね!

問題はこの反対、誰かから『不要とされる』
残念ですねぇー、無念ですねぇー、とっても惨めでカッコ悪い。 否定されてますもんね。
存在価値が低くて何だか・・・見っとも無い。

今回の記事、全くチャラついて無いでしょ。 イソフォヌーション史上稀な一筆。
こういう時って大体特定の誰か宛に発信してたりするんですよねぇ~、、、

ココ読んでピンときて、ホッコリとしたあなた!
そうそう、そうですよぉー、あなたですよ~ん!

さてさて、ココ読んでピンときて・・・
ん?・誰?誰の事??・え?・あ、、、・ドキっ・イラッっ・ムカっとし、えぇー何?マジ?・無し?アウト?・マジで???・ヤバ、、、っと察したあなた.....

正解!!!

 

次の記事へ

episode146

高齢化社会

僕が30代の頃、得意先工務店の依頼で入った現場の施主の奥さんが言った一言、
「あー、やっと若い人が来てくれたわぁ~」
この記憶に残るはずもないような、しかも十数年前に聞いたワンフレーズを、先日何気に思い出しました。

  その現場、確かに大工さんも左官屋さんも電気屋さんも・設備・瓦・クロス・あと、あんた何屋?な人まで、全員おじいちゃんでした。
僕からするといつもの現場風景で、どの現場に行っても僕が最年少だし、それが何? ぐらいしか、その時には思いませんでした。

時は経ち、
先日、僕が借りてるガレージの改装工事がありました。
オーナーさんがいつも工事を頼んでいるという大工のおじいちゃんが、電気屋のおじいちゃんと水道屋のおじいちゃんを連れてきました。
排水溝も修繕することになり、何屋さんなんでしょう? 2名のおじいちゃん登場。

オーナーさんのご厚意で、ガス管を延長することになり、ガス屋のおじいちゃんが、窓ガラスにヒビが入っているを発見し、ガラス屋のおじいちゃんを呼んでくれました。
更にご厚意で、リモコン操作できるよう電動シャッターをアップデートするため、おじいちゃんがシャッター修理に、鉄骨の錆びも気にしてくれてペンキ屋のおじいちゃんを、植栽を手入れするため造園屋のおじいちゃんを呼んでくれました。

おじいちゃん
これは余談ですが、工事の進み具合を見に行った時、オーナーさんが「ここのわらび餅うまいんやで。食ってみ」
振り返ると和菓子屋さんらしきおばあちゃんからわらび餅を手渡され・・・

工事の終盤、土間のひび割れ補修と段差を小さくすることになり・・・
はい~もうお判りですね! どんなジジイがやって来るのか?

ところが意表を突き、やって来たのは僕と同世代!
その瞬間、僕の口が放った言葉、「あー、やっと若い人が来たぁ~」

 

次の記事へ

episode145

FAQ

少し前から当店のFAQ(頻繁に尋ねられるご質問)の再編をしています。
需要の拡大と共にお客様の知りたい情報も変化しました。

以前は比較的プロ目線的な意表を突くご質問が多く、メーカーで詳細を調べてから回答する技術系・開発系の分野が目立ったり、現場の状況を詳しく聞き取り、当店とお客様とが共同で問題解決することが大半でした。
つまり用意していたFAQってあまり活躍の場はありませんでした。

ですが最近は一般のお客様のDIY需要が圧倒的になったため、予測できるご質問傾向に移行してきました。
そこでこれを機にFAQを再編し、見やすい・見つけやすい形式に変更中です。
完成まで時間が掛かりますが随時更新されてますので、商品ページの閲覧中に『 ? 』となった際には一度覗いて見て下さい。

FAQ
が、しかぁ~しっ!
でも電話で直接聞いて下さいね。 やっぱり当店の利用方法は電話!
当店の特徴でもあるし、何よりケースバイケースでご回答させて頂けるので、スピードも精度も理解度も解決感も、よもやメールの比ではないです。

これからも以前同様、当店へのご相談は電話をご利用下さい。
情報量が格段に違います。

「FAQを新たに作ったので自己解決して下さい」なんて微塵も思っておりませんよ。
時にはより詳しく、時には周辺情報を、時にはより良い商品紹介が電話なら伝えれる可能性がメチャ大なんですから。

 

次の記事へ

episode144

サイドビジネス

意見交換会
皆さん密かに副業を考えているものなんですねぇ~。
いろんな集まりの定例会に参加すると老若男女に拘わらず、何か新しい事をしようとしている人と真剣に具体的な話をすることがよくあります。

新しいなーと思えるものや斬新過ぎて非現実なもの、とんでもない隙間を突いたものなど、かなり多種多様です。
で、結構熱く語ってきます。
もう始めてるのかと勘違いするぐらいリアルにメリットや問題点もペラペラ。
いいとこに着目してるなーと感心の嵐です。

でも実際は行動に移さないんだろうなーってビシバシ感じます。
なんか協力者を探してるイメージなんですよねー。 それならまだマシですが、協賛者を探すというよりも実行者を探してる、そんな感じです。
なのでこちらが関心して話がドンドン深まっていくと『おぉ、いけるかも!』とか思うようで、途中から目をキラキラさせ、前のめりで語ってきます。
「私がやるんじゃないよぉー、お前が動くんだぞぉー」の雰囲気ムンムンで、チラチラと他人事のように話を放り投げてきます。

何で自分で動かないんでしょうかね、やっぱり失敗が怖いのかな?
あぁ~モッタイナイ。
出資してもらって、実行してもらって、ピンハネが目的だからでしょうか?

そもそも本当にイケる・自信があるなら、人に話しませんよね。
僕だったらコッソリ始めますもん。
ホントにいい案件なら、シレっとパクったろかと思ってしまいます。


ヒソヒソ、、、
実はね、僕も1つコレはイケるってサイドビジネスを思い付いているんですよ。
ザックリ言うとぉ、軽トラか軽バン用意して、ある食品の移動販売なんですけどね。

あっ、イヤァ~ン、、、言ってしまった、、、
ま、いいか。
でね、自分で動くのはイヤなんで、誰かにやらしてぇ、売り上げの25%をピンハ・・・
あれっ?
・・・ ・・・

あ゛ー、、、、

 

次の記事へ

episode143

ブルーオーシャン

ブルーオーシャン
最近ネットショップの新規立ち上げに携わる機会があり、色々と思いを巡らせまくりの日々です。
いいタイミングなんで当店もこの機に今までの経緯や現状、今後を考えてみました。

世間では今や買い物スタイルの2択、実店舗or通販にまで成長したネット販売。
売る事の出来ないモノ・サービスなど無い勢いです。 何でも売ってますよね。
逆に実店舗では扱わず、ネット専用商品が目立つくらいです。
当店もそんな一例に当たると言えます。

今でこそ「当然でしょ」感覚ですが、ネット販売を始めた初期の頃は「誰向け?市場規模は?正気か??」と疑問を浴びせられたものです。
ったく、酷い事を言いますよね、一番不安だったのは、やってる僕やっちゅーに。
しかし時代は変わりました。 変わり過ぎの勢いです。
「来客って何? ネットで注文してくれればいいのに」と販売側が思うぐらいの逆転現象。

一気に需要も高まりましたが、それより供給側の増えるスピードも強烈。既に乱立してます。
こうなるとレッドオーシャン。後発に何のメリットもありません。埋もれるのみ。
実績ある先行側だって安泰保障は皆無、パイの取り合いに必死。
 ↑ っと、こう考えるのが一般的なんですが、ひねくれ者の僕ちゃんたら今こそ好機到来と考えてます。
要は運営の質の問題、もっと言うと術の問題。 後発組が乱立してきたおかげで更に市場が開拓されました。活性化させてくれました。
しかし、ただ軒を連ねてるだけで・・・  のようです。
ここにビジネスチャンスを感じました。
詳しい内容書くよりわかりやすく言うと、当店は今まで通りの運営を続けるだけで事足りる訳です。
当店をご利用頂いたことのあるお客様ならご存じかと。
這い上がるための消耗戦をしなくても現状を維持すれば自然にピラミッドの、ほれ、あの、組立体操の軽い子が、ねぇ、まぁ、そういう事です。

ですが、常に身の丈に合った規模で、、、んん~、、、身の丈に合った規模に、+αを理想としておりますので、手堅く手堅く!
手堅くの経営で皆さんに必要とされ続ける所存でございます。

 

次の記事へ

episode142

廃盤

あ゛ぁ~~~、、、しんどいわぁ~~~
んもぉー、窮屈やわぁ~~~、、、面倒やわぁあ~~~、、、
こんにちは! 完璧主義者っぽい性格、窓工房ナカサの店長です。

他人に僕の行動パターンを説明すると半笑いで完璧主義者扱いされます。
これって誉められたのでしょうか? 小馬鹿にされたのでしょうか???

僕的にはその自覚が薄いというか、普通誰でもそうだろうぐらいに思っているので、完璧主義者まででもないのですが、でもまぁ、そこそこやり切る派・こだわる派ではあります。

しかしこの性格は窮屈ですよぉー、
目標が多いんだか理想が高いんだか、何なのかよくわかりませんが多分、人より何事にもバックグラウンドで頑張ってるような気がします。
ムダにね。

ジンクスとか重要視してないですが、何でもかんでもいつもの順番じゃなきゃ嫌だし。
中断して「はい、次ぃ~」は有り得ん。 ちゃんと終わらせないと。

身なりとかどうでもいいし多趣味でもないので基本浪費家ではないですが、これと決めたことだけ限定で、湯水のごとくお金を掛けてしまいます。 やり切らないと気が済まんのです。金出せば実現できるなら安いもんですわ。

ま、こんな性格ですから集め出したら止まりません。揃え出したら止まりません。いつも使ってる消耗品でもメーカーも品番も変えません。
だってシリーズだから。

なのにこのアホンダラめが、突然廃盤にしやがる。
もぉね、僕がマシンガンとか持ってたら多分本社に襲撃してますよ。

あ゛ー、鬱陶しいわぁ~、、、

効率換気網戸

 

次の記事へ

episode141

網メーション 13

そろそろ次回作のアニメーションを作らねば! それがスタートでした。
特に思い付かないけど、何か作らねば、、、
思い付け! 考えろ!考えろ! 閃け! こんな感じで自らを追い込んで・・・

そして完成したのがこの新作アニメーション。
網戸シリーズの第二弾、GIFアニメのシリーズ13。
過去最大の製作費と製作日数、超大作と言えます。(90%は放置期間ですが)
出来栄えを★の数で表すと、
 ★★★★  ですかねぇー。 ま、10段階のですけど。

どうも納得が出来んのですわぁ、、、
構想中はもっと面白いものに仕上がる予定だったんですけどね。
なんかね、こういうの作ってると思うですよぉ。
映画とかドラマとかコントの脚本や構成作家・制作サイドのプロ達って、一般人には理解できない天資を持ってるんでしょう。
餅屋は餅屋ってことですね。

ハイそうなんです!
網戸屋は網戸屋、だからこそ提案できる網戸があるんです。
もっと言うと、それは網戸を使った換気空調の提案!
網戸を通してどれだけ「人」に寄り添えるか、 なのです。 クゥー~ッ!

 

次の記事へ

episode140

やくそく

やくそく
「絶対に誰にも言うなって言われたんやけどぉ、、、●#▽※◆□∴§~~~」
冒頭をこの文言で始めれば、秘密保持の約束は守ってることになるんですねぇ~、
言っちゃってもいいんですねぇ~。。。
あ~いやいや、、、言って無い事になるんですねぇ~、
怖いですねぇ~~、

何でもアリかぇ!

 

次の記事へ

episode139

和風建築

和室
最近の新築は床の間・書院はおろか、ふすまも障子もない住宅ばかりですね。
時代の流れとはいえ、建具屋としては寂しい限りです。
これでは腕の見せ所がニャァ~。。。

一気に話が変わりますが、当り前の事、争い事は勝たなければ何の意味もありません。 負ける事ほど無駄なことはありませんから。 ですよね!
んぁ??? 何か文句ありますぅ?

過去に全く別のタイミング・全く別の人物から数回、「お前は絶対に畳の上では死ねんな」と言われたことがあります。
上手い事言うヤツが世の中にはいるもんですね!
おっと、、、ご挨拶を忘れておりました、、、
こんにちは。 なので自宅に和室が欲しい窓工房ナカサの店長です。

しかし僕も人間が丸くなったなぁ~って、最近感じるんです。
先日もね、はらわたが煮えくり返るというか・・・ 血液が沸騰するというか・・・ そんな出来事があったんですが、スマートに対処しておきました。
詳しい事は言えませんが、殺伐でなくサクサクと処理しました。
詳しい事は言えませんが、完膚なきまでに、 あ、いゃ違う、
ま、相手は相当疲れきってましたけど。。。

たぶん、たぶんですけどぉ、人間が丸くなったというか年齢と共に冷静と沈着というアイテムを手に入れたのでしょうね。
鼻息が荒くなっても瞬時に心拍数を整えられるようになりました。
そして長期戦に持ち込められるようになったので、相手が墓穴を掘るタイミングが見えてきます。
そこを透かさずスコーンっと・・・
ね、スタイリッシュでしょ!

とは言うものの、まだまた殺気立つ性分の持ち主ですから万事に置いて一触即発です。
もっともぉーっと穏やかにならないといけないですよねぇ~。
ま、絶対にムリなんですけどね。


んん゛~、、、、 畳の上で死ねんかぁ~、、、
こうなったらベッドの上にいぐさマットを敷いて回避するしかありませんね!

 

次の記事へ

episode138

ポニーちゃん

先日友人が連れてきた知人の一人が、二足歩行するラクダかと勘違いしそうな風貌のロバ顔でした。
大変失礼ながら僕、ちょっと、、、生理的に無理っていうか、、、ま、友達の友達のそのまた友達なんで特段関係ないですし、話しかけてきても適当な相槌だけしてごまかしていました。

ロバ顔

にも拘らずこのロバ女め、空気が読めないのかドンドン話しかけてきます。
「何のお仕事されてるんですかぁ?」⇒「ネット販売っ」
「社長さん?」⇒「あぁーせやっ」
「何を売ってはるんですかぁ?」⇒「いろいろっ」
「何て名前のお店ですかぁ?」⇒「窓工房ナカサっ」
「あっ、、、」⇒「ん?・・・」
「知ってます知ってます、え?じゃ、もしかして、、、ひでくんさん?」

なんとこのコーナーのことを知ってるじゃありませんか!
こうなると邪見に扱えません。
で、このロバが言うには何度か見てて覚えてた、人となりが気になってたとのこと。
更にロバちゃんたら、「楽しい・あれ好きなんですよぉー」ですって。
偶然とはいうものの見てくれている人に会えるなんて嬉しいですねぇ~~。

不思議なものです。 その刹那、ロバ顔だったのにポニーちゃんに見えてきました。



PS
ポニーちゃんへ
リクエストに応え、ちゃんと記事書きましたよ。
怒らないという約束、守れよ!

 

次の記事へ

episode137

コンビニ

短期アルバイトなのでしょうか?店員の入れ替わり、早いですねー。
毎日行くのでレジ前に立つと黙ってても指定銘柄のタバコとコーヒーが用意されます。
新人さんだとこうはいきません。

先日もね、高校生かな、いや大学生でしょうかね、ちょっと可愛らしい女の子の新人さんがレジに立ってました。
『あ、可愛いなー、付き合うことになったらどうしよう』・・・ ・・・ ・・・
がしかし、、、
よくよく考えてみると、僕より圧倒的に年下なんですよね。
もっというと、娘世代ですやんか!

これ、毎回思います。。。

コンビニ

 

次の記事へ

episode136

高校球児

夏の甲子園、全国高校野球大会、一喜一憂の嵐ですよねー。
何んたって優勝候補の敗退という番狂わせで倍率が跳ね上が・・・
あ、、、違いました。仕切り直してもう一度、

夏の甲子園、全国高校野球大会、感動と興奮の嵐ですよねー。
『お兄ちゃん達頑張ってるなー』と自分事のような感覚に陥ります。
僕も大きくなったら・・・ ・・・ ・・・
がしかし、、、
よくよく考えてみると、僕より圧倒的に年下なんですよね。
もっというと、息子世代ですやんか!

これ、毎年思います。。。

高校野球

 
いどばた情報<もくじ>の<もくじ>へ戻る
Copyright ©窓工房ナカサ ナカヒデト All Rights Reserved.